blog

category: life

2017/04/11

かなりお得な情報!

かなりお得な事前チケットの販売は17日(火)までです!

4/23(日)12:00-13:30
生命の美しさを感じるアーユルヴェーダ
〜時節にあった暮らし方~

暮らし方にアーユルヴェーダからの工夫があると、
どんな日でも楽しめちゃいます。

 

・雨の日
・風の吹く日
・太陽が照り続ける日

と日によって天候が変化し、

 

・春のだるさや花粉症
・梅雨のころの憂鬱さ
・夏バテ
・秋の発熱や肌荒れ
・冬の乾燥、冷え、ひきこもり…
などなど、一年にはそれぞれのお悩みが、

 

・子供の頃
・若いうちに
・いよいよ大人に
・そろそろ労わりたいお年頃
一生には年代によりけり大切にしたいポイントがあります。

 

「時」という流れ、変化をどうとらえるか、
そしてその大波小波をどうサーフィンしたらいいのか。
今日から実践できることを中心にお話します!

 

詳細、ご予約はこちらから

 

 

2016/12/22

2016年ありがとう

img_3418

 

今年も一年ありがとうございました。

多く出会いとチャレンジに恵まれて、必死で駆け抜けた年となりました。

 

12/23~1/5   少し早めに冬休みをいただきます。

 

レギュラークラスは、今年は全て終了しております。

年始は、1/10(火)のシヴァナンダヨガのクラスから再開します。

 

そして、新しいクラスがスタートします。詳しくは新年またお知らせします。

1/15(日) 10:40~12:00  Sundayアーユルヴェーダ @UTL

 

 

良いお年をお迎えください!

ひかる

 

 

 

2016/09/01

2016春夏のまとめ vol.1

盆踊り

 

秋が始まる前に、全力で駆け抜けた今年の春夏のまとめをしないと。

 

3/6 静岡ワークショップ

今年で8回目を迎えた静岡清水市でのワークショップ。

静岡近県で活躍するみづほ先生オーガナイズのもと、

江浄寺の本堂で開催しました。

副住職Tossiさんにもご参加いただき、

より春を楽しむためにヨガ&アーユルヴェーダの学びを深めました。

その模様はこちらから↓

http://onthemat.eshizuoka.jp/e1623451.html

http://onthemat.eshizuoka.jp/e1624107.html

 

 

4/22~24 シャンティヨガ10周年記念&ひろしまヨガピース2016

シャンティヨガ2周年記念パーティーにお招きいただいたのが2008年。

パーティーの翌日、国指定重要文化財建造物の

宮島厳島神社千畳閣にてワークショップをしました。

毎年お付き合いが深まり、今年も豪華な10周年パーティーに参加。

そして翌日からは宮島で開催されたひろしまヨガピース2016で2クラスを担当。

その後はマツダスタジアムに移動したかったのですが、

スケジュール調整できず、泣く泣く帰京。。。

 

13087525_10205014646080907_7170469250723065774_n

記念DVD発売中のお手伝いをちょっぴり

 

13012772_10205017481391788_1703340829285194177_n

老舗旅館岩惣別館がヨガピースの会場の一つ

 

13043494_10205018829825498_1826153859206741599_n

こんな出会いもある宮島

 

 

4/29~5/1 ORGANIC LIFE TOKYO2016

今年で3年目を迎えたオーガニックライフ東京。

たくさんの再会や新しい出会いに溢れた3日間。

ヨガにアーユルヴェーダに、エシカルファッションにミュージックに、

リラックスと刺激の両方が盛りだくさん。

終えるやないなや、次回が楽しみになるイベントでした。

 

動画あるよ↓

 

 

 

 

2016/03/03

ポニーテールくん

IMG_9355

 

先週末から新しい同居人が増えつつあります。というのも、今年はプライベートでは、あまり長く遠出が出来ない年間スケジュールになっちゃって、ならば少し増やしてもいっか、というわけでして。

この子、「ポニーテール」っていうのだそう。

3年前にバッサリ切ってしまった私の髪の毛も、最近ではちゃんとポニーテール出来るようになったし。うちには比較的しっかりした葉のプランツが多いので、ちょいと繊細な新顔もありかなと。

 

手の上に軽く乗ってしまうくらいなのに、部屋の雰囲気がずいぶん変わって、繊細ながらもなかなか主張が強そうな予感がしています。

 

 

 

 

2016/02/07

ああ〜、インフルエンザ

IMG_9288(アマリリス咲きました)

 

先週は声帯炎に悩まされ、1週間ほど”沈黙の行”につとめ、やっと声が戻ってきたと思った矢先に、今度はインフルエンザにやられてしまったー

 

今週火曜日9日のレギュラークラスは代講になりますので、ご理解ください。

 

ちなみに、今回インフルエンザの検査初めて受けました!

というのも、最後にインフルエンザらしきものにかかったのは10年くらい前に南インド滞在中で、トイレに2日間こもり、その後2日間ほどベッドで回復を待つうちに、合流予定だった日本からの友人が到着。病気で大変だとメールしたら私の大好物の”おせんべい”背負って来てくれて一気に回復した。その前はというと、もう学生時代?ほとんど記憶にございません。。。

 

今回はというと、激しい悪寒に始まり、筋肉痛と頭痛と共にあっという間に38.8度。さて、アーユルヴェーダでは熱病には断食ですから、お白湯をちびちびやりながら、戦いました〜

2日間は壮絶な高熱とのバトル。そして明け方には一気に熱は下がり、されどインフルエンザ、まだまだ倦怠感と頭痛がありますが、戦いに勝った達成感はあります。やっぱり熱には水分をとりながらの断食が一番ですね。スゴいです!

そして、文明の利器タミフルにサポートをもらいながら、しっかり休むことをしようと思います。

 

水曜日10日から復帰予定です。

仕事仲間や生徒のみなさんにはご迷惑をかけっぱなしですが、復活後、倍返しさせて頂きたいと思ってます!
 

 

2015/11/23

勤労感謝の日に

最近75歳の誕生日を迎えた父が、70代になって初めての海外単身赴任を続行中。大学を出てから同じ会社に勤続50年以上。会社の中では様々な業務を転々とし、今や全体を見渡せる長老に。入社当時から数えると、社長も三代目になっているらしい。

私はというと、大学在学中から仕事を始め、業種は変わったけれども、毎日何が起こるか分からないギャンブル要素の多い現場で働いている。

 

”生命の次に欲するべきものは財である”

”生活の糧のない人が、長い人生を生きなければならないことほど不幸なものはないからである。したがって、生活の糧を求めるために人は努力しなければならない。”

”よき行いの人々に辱されないで、なおかつ発展性のある仕事が望ましい”

というアーユルヴェーダの仕事観。

 

そして今日、私にとっての仕事観を思い出してみることにした。

友人が講師を勤める大学での講座”女性のためのキャリアデザイン”にゲスト出演した時、前もって生徒から提出された質問に答えるという講義内容のメモを見返してみた。

 

Q仕事をする上で大切なことは?

主観を持つこと

自分で決める

直感を信じる

 

Q様々な職業をする上でのメリットは?

世界が広がる

能力アップ、人脈、様々な価値観を知る

 

Q働くのがめんどう、嫌なときはあるか?

自分の体力、能力を超えたとき

休めばまた働きたくなる

 

Q何が楽しくて一生働くのか?一生働く理由?

自分の可能性を試したい、可能性を感じるのが楽しい

誰かに喜んでもらえるのが楽しい、社会、自然界の役に立ちたい

 

Q働いていて、目標はあるか?

年間スケジュールを組むが、目標は少し近い将来、例えば2週間先くらいの目標は常にある

 

Qそれぞれの職業のメリットデメリットは?

個人差がある

自分にとってやりがいを見いだせるかどうかが大切

 

Qそこまでして働くことにこだわるのはなぜ?

自分という存在にこだわる、興味があるから

人生を存分にやりたい

 

Q仕事を楽しむには?

”仕事”ととらえるより、”学び、実験、研究、経験”という感覚

責任をともなう趣味

 

Q職を転々としていく中で、どんな自己形成ができたか?

自分のことがわかるようになった

何が好きで嫌いか

どうすると心地よくて、どうなると心地悪いのかなど

けっこう誰とでも話せる

どこでもそれなりに楽しめる

 

Q今の仕事を一生続けたいと思うか?

伝え方は変わるかもしれないが、ヨガやアーユルヴェーダを伝えることは続けたい

 

Q他にやりたい職業は?別の道を想像したことはあるのか?

今はあまり考えていない

きっと何かタイミングやチャンスが来た時に別のことで興味が出そうならやってみたい。

例えば、今日の講義のように。

 

などなど。これは講義のためのメモの一部であり、2015年現在の思い。

この先どう変化して行くかは未知数だけれども、何はともあれ毎日働けることに

深く感謝する日となった。

 

 

 

2015/08/12

夏バテ対策 その4

IMG_8474

(視覚で涼しさを味わっていただけたら~)

 

2~3日過ごしやすくなったかと思ったら、また猛暑日に戻りました。

まだまだ油断は禁物ですね。

夏バテ対策、まだまだ続きます。

前回ショウガを紹介しましたが、今回も引き続きおすすめの食材をご紹介したいと思います。

「旬のものを美味しく食べましょう!」これにつきます。

季節に合った過ごし方を大切にしているアーユルヴェーダでは、その季節に、その土地に合ったものを食べましょうというのです。ですから、今は夏野菜、夏のフルーツ食べ時なんです。

きゅうり、なす、ゴーヤ、ズッキーニなんかをササッと調理して食べてください。このササッとというのもコツです。グツグツ煮込んだ料理は冬に任せましょう。

とかく「冷え」は大敵といった風潮がありますが、もちろん消化の力を低下させるほど冷たいものを頬張ったり、風邪をひいてしまうほどキンキンに冷やした部屋は良くないですが、何でも温めれば良いというものでもありません。暑い夏の時期には、体に火のエネルギーを蓄えやすいので、「クールダウン」も大切なのですね。夏の野菜やフルーツなどは、火照りやすい体の熱を冷ましてくれる作用があります。

甘味のある食物は滋養を与えてくれますが、消化が難しい場合が多々あります。その点、イチジク、ぶどう、桃、梨などは甘味があって消化にやさしいでの、バテる季節にはもってこいなのです。個人的に大好物のものばかり!

ちなみにバナナやスイカは季節としては合っているのですが、消化が難しいので食べ時としては、一日の中では消化力の高い昼間がおススメです。食欲不振の時にはお控えくださいね。

 

 

← Blogトップへ